【過去のオープン講座】

第1回 「 在宅生活を継続するための『住環境整備の改善』ポイントセミナー」

福祉住環境コーディネーター協会 理事

             鴇田 一夫 先生


初の開催は「住環境」について!「住む場所」は人が生きていく上で必須!

特に高齢になり、障がいを抱えながら、住み慣れた地域・自宅で暮らしていくには専門的な知識が必要になります。

今回は住環境コーディネーター協会の理事である鴇田先生にお話いただきました。

事例やワーク、ジョークを交えながら楽しく学びを深めることが出来ました!

安全の観点だけでなく、落ち着いて過ごせるためにはどうすればいいのかという視点からもお話があり、介護に携わる方、皆さんが聞かなければいけない内容となりました。

第2回「家族に、地域に…相手に『伝わる』認知症セミナー」

きらめき介護塾 代表取締役 

              渡辺哲弘 先生


「認知症」は、これからの日本において最も「課題」になるといっても過言ではない物の代表でしょう。

高齢者介護に携わる人間の多くは、この「認知症」に始まり、悩み、学び、そして成長していきます。「認知症の方のこころの伝え方」を学ぶ講座になります。

講師は、認知症について数あるセミナーの中でも大人気!きらめき介護塾代表、渡辺哲弘先生です。

「認知症の理解」ではなく「こころの理解」ということで引き付けられるスライドに、とても胸に響く事例、、あっという間の2時間でした。

私たちが本当に大切にいていかなくてはならない、「認知症の方の心」について、「誰かに伝えたい」「初心にかえれた」と思えるそんな講座となりました!