介護の資格と活躍の場所


介護の代表的な資格としては、介護福祉士初任者研修、介護福祉士実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャー(介護支援専門員)などがあり、内容や専門性から以下のようなステップで取得されることが一般的とされています。

日本ケアカレッジの介護福祉士実務者研修は初任者研修を受講されていない方でも受講していただけるようにわかりやすく工夫され、講師の全面サポートを受けることができます。


上記以外にも介護に関わる資格や専門知識は多々あり、一部としては以下のようなものがあります。

  • 介護事務
  • レクリエーション介護士2級
  • ガイドヘルパー
  • 介護予防運動指導員
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 高齢者コミュニケーター

これらのように介護の資格といっても様々なものがありますので、

どういった場所で活躍できるのかを確認の上、あなたの「働きたい!」に合わせた

資格や知識を取得してみてはいかがでしょうか?